ストレスチェックの準備、できていますか

 2015年12月より事業主は従業員に対して、医師・保健師などによるストレスチェックの実施が義務化されました。また、ストレスが高いと判明した社員に対しては、産業医・医師の面談を勧奨することが必要になります。
 ※ページ末参照
 『ココロ・ウェルネス』はストレスチェックの実施から分析、アドバイス、面談、医療機関へのご紹介までトータルにサポートする質の高いサービスをご提供いたします。
 的確な結果をフィードバックするだけでなく、ストレスを改善する方策の提示。高ストレス者面談で仕事量が極端に増えてしまう産業医のサポートや、代理もお引き受けいたします。それにより事業主にとってのリスクと手間を軽減し、社員の健康を維持することができます。

 ストレスチェック制度の意義は、労働者に自らのストレスへの気づきを促すとともに、職場におけるストレスに関わる要因を見つけ、改善につなげることで、働きやすい環境づくりを進めメンタルヘルス不調を未然に防ぐことにあります。しかし実施するには、様々なハードルがあります。
○ストレスチェックの周知方法がよくわからない。
○専任の担当者がおけない。
○社員が遠隔地にもいる。
○ITを使うと簡単に実施できるようだが、詳しい者がいない。情報のセキュリティが不安。
○結果をどう運用したら良いか見通しが立たない。面談を依頼する医療機関がわからない。
など……
 こういった様々な不安の解消や問題の解決を『ココロ・ウェルネス』がサポート致します。

 


『ココロ・ウェルネス』を行なう「青山渋谷ストレスチェックセンター」は「青山渋谷メディカルクリニック」が運営するストレスチェックの調査・分析機関です。精神科・心療内科で治療を行なう医療機関の知見を活かし、単に事業主へチェックの結果をフィードバックするだけでなく、面談、診察、カウンセリング「青山心理カウンセリングセンター」と連携)などの多角的なサポートを致します。


※「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」
従業員数が50人以上の事業場を対象とし、医師・保健師などによるストレスチェックを年1回行なうことを義務付けられた。(50人未満の事業場に関しては努力目標とされている)